AKROS GRAND X 代表 松本 拓馬さん

夢を叶えるために必要なのは、
誰かを想う心と、努力を惜しまない姿勢。

<AKROS GRAND X> 代表

松本 拓馬さん

2009年美容科9期卒/神奈川県立岸根高等学校出身

松本 拓馬 Profile

2009年に早稲田美容専門学校を卒業。入社3年目でスタイリストとしてデビュー。
現在はAKROS GRAND Xの代表を務める。年間総指名数は、約1万人。
「ライジングカット」技法で、モデル内にもファンの多い大人気凄腕美容師。

AKROS GRAND X
AKROS GRAND X
東京都渋谷区神宮前1-8-10 The ice cubes 6F

僕が通っていた当時のWASEBIは、まだ出来たばかりの学校でした。歴史がある大きな学校ではなくWASEBIへの入学を決めたのは、美容をトータルで学べるカリキュラムに魅力を感じたから。熱心に指導してくれそうな先生方もいたから、確実にスキルを習得できそうだと思ったんです。入学後は、技術力はもちろん、挨拶や礼儀などの「人間力」をしっかり指導していただきました。そのあたりは、いまでも変わらないと思います。

在学中に僕が大切にしていたのは、どんなことでも全力で取り組むということ。勉強でも、遊びでも、興味を持って一生懸命取り組んできました。そのおかげで、学生時代に抱いていた夢は、ほぼ全て叶えることができましたね。20代には「カリスマ美容師」として有名になって、さまざまなメディアに出演しました。30代はいままで築いてきた知名度をいかして、周りの人たちに貢献できるような美容師人生を送りたいと考えています。後進の教育にさらに力をいれながら、AKROSの発展、ひいては美容業界全体のボトムアップや、社会的地位の向上に貢献していきたいです。というのも、美容師はいまだに離職率が高いうえ、憧れを抱いてくれる若い子がいても、ご両親からは反対されてしまうことも少なくありません。でも美容師は、美容を通していくつもの人生に携わって、いろんな人を幸せにしてあげることができる素晴らしい職業でもあります。その魅力も、現実も、どんどん発信していきたいと思います。

先日、とあるバラエティ番組で、現役のWASEBI生と共演しました。とても素直で良い子でしたね。収録期間中に想像以上に成長したんですよ。何より良かったのは、「とにかく美容が大好き」という気持ちがあったこと。美容師として一番大切なのは、そんな想いなんです。

美容師になりたいけど、向いているかどうか心配している若い人たちに贈りたいのは、「不可能の対義語は挑戦」という言葉です。僕もゼロから努力を重ねながら、夢を叶えることができました。「美容が好き」なら、自分の可能性を信じて、挑戦し続けてほしいです。

松本拓馬さん