AKROS GRAND X 代表 松本 拓馬さん

美容師は、誰かの人生を
より良くできる職業。
そのことを世の中に
もっと広めていきたい。

<AKROS GRAND X> 代表

松本 拓馬さん

2009年美容科9期卒/神奈川県立岸根高等学校出身

松本 拓馬 Profile

2009 年に早稲田美容専門学校を卒業。入社3年目でスタイリストとしてデビュー。
現在はAKROS GRAND X の代表を務める。年間総指名数は、約1万人。「ライジングカット」技法で、モデル内にもファンの多い大人気凄腕美容師。

AKROS GRAND X
AKROS GRAND X
東京都渋谷区神宮前1-8-10 The ice cubes 6F

 僕が美容師の道をめざそうと決意した当時、WASEBIはまだ新しい学校でした。それでも歴史がある大きな学校ではなくWASEBIを選んだのは、少人数制でしっかり指導してもらえそうだったから。先生方からも熱意を感じたし、フェイシャルエステやメイクや着つけなども学べる充実したカリキュラムにも惹かれましたね。その魅力は、いまでも変わらずにあると思います。

 在学時から僕が大切にしてきたのは、どんなことでも全力でやるということ。授業や実習、勉強以外の趣味なども全部、とにかく目の前にあることに一生懸命取り組んできたことの積み重ねが、いまの自分に繋がっていると確信しています。

 学生時代に夢として抱いていた「美容師人生」は、ほぼ叶えることができました。次の目標は、後続の美容師を育てていくこと。そのためにも、まずは美容師の社会的地位を向上させたいと考えています。というのも、美容師はいまだに離職率が高いうえ、「美容師になりたい!」と憧れを抱いてくれる若い子がいても、ご両親からは反対されてしまうことも少なくありません。でも美容師は、自分の技術で誰かの「ヘアスタイル」「人生」を、より良いものに変えられる素晴らしい職業でもあります。そのことを世の中に伝えるべく、僕自身が広告塔になって、テレビやセミナー、イベントの審査員など、いろんな場面に出ていきたいと思います。2018年にはCM出演を果せたので、次はドラマにゲスト出演などもしてみたいです(笑)。

 美容師に向いているか、不器用だから無理なんじゃないかと考えている人もたくさんいると思いますが、僕自身もゼロから努力を重ね続けて、こうなることができました。一番大事なのは、自分の可能性を信じる心。僕はよく「不可能の対義語は挑戦」と言っているのですが、皆さんにもぜひ挑戦してほしいです。

松本拓馬さん